2014/10/1から海外を気ままにおさんぽ。計画的無計画でとりあえず西へ進みます!勢いだけある19歳。


by hityuzi

時計いらずのオレンジ ミャワディ


更新が途絶えてしまってすみません。

ミャンマーに入ってからというもの、wifiがどこもとてつもなくおそくてですね。
googleすらまともに開けない日々が続いていたんですが
宿よりはやいwifiをマハムニパゴダでつかんだので
大勢の熱心な仏教徒達が礼拝している横でこれをかちゃかちゃ書いていますw。





バンコクをでて北バスターミナルへと移動。
c0337541_20013299.jpg
ミャンマーとの国境、Mae sot (メーソット)までいきます。
だいたい8時間ぐらいですかね。

みた感じ居心地の良さそうなバスでほっとしました。


バスの中は快適で本読んで、寝てたらあっという間にメーソット。


ここから国境までトゥクトゥクみたいなものの荷台に乗っていきます。

このとき朝3時。ちょっと肌寒い。

国境につくと6時まで開かないので待て、と出稼ぎに着ているミャンマー人に言われました。

c0337541_20103316.jpg
あと3時間くらいか、、、
ちなみに周りに外国人は一人もいませんでした。

少し英語が話せるミャンマー人に国境を越えた向こう側の
ミャワディーという街の安宿状況などを聞きました。

どうやらミャンマーはメシなど安いが宿だけは高いとのこと。

困りますねえ、、、
一泊5$でも迷うような僕がどこまで妥協できるんでしょうか。


これが国境。
走って越えられそうですね。
このフェンスを通り抜け先の橋を渡るとそこはミャンマーです。



6:50
遅めに国境が開門。
デンマーク人の老夫婦がいましたがそれ以外は外国人はいません。

あまりミャンマーにいくひといないんですかね。
ノーリードわんここわいよぅ、、、

c0337541_17520643.jpg

イミグレでは個室に連れてかれてとてもフレンドリーな事務員さんに
いままであった日本人の写真を見せられ、お前もとっていいか?

と聞かれたので
アヘ顔ダブルピースでとってもらいました。

多分この国境越えるときは僕の写真を見せられると思うので
これ友達だよ、といってあげてください。
めっちゃ喜びますよきっと。



その後一番安いときいたピエントゥンホテルへ。
一泊8000チャット(USD8$)かー。
高いなーwww
だがほかのホテルはもっと高いので仕方なくチェックイン。

というかほとんどホテルなんかありません。


さて、街を出歩いていると
これまた異国感がぷんぷんしますね。

まず男の人がみんな口が真っ赤です。
いやほんとに。

唇、歯、舌、めっちゃ赤い!

なんでかというとですね、みんな口が真っ赤になるコンヤという
ガム的なものを噛んでるんですよ。
c0337541_17031324.jpg
みんな噛んでるんですよ。
でね、これなんか唾液も飲まないやつみたいで

噛み終わったら唾液ごと道に吐き捨てるんですけど

これがね、吐血そのものなんです。


道にね、そこらじゅう吐かれてるから

赤い液体がすげー目に入るんですよ。


c0337541_17542568.jpg
なんか新鮮ですね。


ちなみに最近では都市部では汚らしいということで
コンヤを噛んでいる人はマイノリティーらしい。


でもここミャワディは青年もおっちゃんも僧もみんな噛んでは赤い液体を
吐き出してます。


なんか口赤いと邪悪な感じがするんですよ。
こいつ、、いま俺をだましにきてないか???
めっちゃ悪そう、、


って思っちゃうんでね、僕は。
ガム売ってるんだからガム噛んだ方が良いですよ。
それともあれにはあれのよさがあるのか?



ほかにも見た目について驚いたのは
みんな、特に女性が顔に白っぽい泥みたいなのを
塗りたぐってるんです。

きれいにぬってるひともいれば
ほんとに塗りたぐってる、みたいな人もいます。


これは日焼け予防なんですかね。
んまそうでしょう。


あとは異国感といえば人の顔がインドっぽくなってきた気がします。
実際インド人もやたら多いのでどれがミャンマー人だかわかりませんが。


ミャンマーの第一印象はそんなかんじです。



ちなみにごはんですが、お隣のタイと違ってインディカ米を使うことが多いようです。
あんまり僕には違いがわかりませんが、どちらも長いです。
でもまあうまいですわ。


おかずの肉がほぼすべてカレーテイストなのに驚きました。
うまいんですよこれが!

全体的に油を多く使う料理が多いように感じます。


そしてね、前タイのちょこちょこ食べる文化についてブログに書いたことがあったんですが
(バンコクの記事)
なんとここでは!うれしいことに!

おかわりめっちゃできる定食形式なんですよ。
c0337541_17055207.jpg

いややばいわ。
もうね、いっきに4合とか食えちゃうんですわ。
しかも定食形式だから一回にいろんなもの摂れるんですよ。

そして安い。
だいたい2000チャット(200円)あればこの僕でも
満足できます。


ミャンマーではじめて定食食べたときに直感でね、感じましたよ。

あ、ここ筋トレはかどるわ。

って。
なによりここで体重は戻せそうです。(出国からここまでで5kg減)



ミャンマー初日、ミャワディではこれからのミャンマーでの生活に期待が持てる
一日となりました。





そして翌朝。
今日は一気に旧首都、ヤンゴンにいっちゃいます。
いつのまにか首都がバガンに変わってたんです。
知らなかったw


とりあえず前の日のうちにバスチケットを買っておきました。
11000チャット(1100円くらい?)で10時間でつくとのこと。



ミャワディからヤンゴンまでは険しい山道らしく、道が細いため
一日おきに一方通行の向きが変わるしくみになっているとか。
だから一泊せざるを得なかったんです。


さて7時にピックアップと言われたのでオフィスに朝いってみると、、、

まずごめん9時だったわ!
といわれました。


いやごめんじゃねえよw
んま2時間だからいいけどさw

ミャンマーの人たちはさわやかにおっとりしている感じがします。

みすったーwwwめんごめんご〜。

みたいなかんじで言ってきました。


ホテルはもうチェックアウトしていて、ここはなかなかの田舎なのでいくところもなく

そのときは静かにオフィスで待つことにしました。


そして2時間後。

c0337541_17243578.jpg

バスがきましたがまず洗車をはじめます。
いやはやくでろよ。

と思いましたがまあ洗車ぐらいね、いいですよと。



それから




そのまま2時間が経過しました。


どうやら故障していたようです。

7時に出発予定だったのが11時になるなんて。
沸点の低い僕はまったく余裕の表情で本を読んでいましたが


彼ら、急ぐ気ないんですよね。


なんか10分おきに座ってタバコすって、コンヤ噛んで。


待っている乗客も文句すら言わないので
毎日こーゆー生活なんだろうなと思いました。

それからさらに1時間経って12時すぎ、やっとミャワディを出発しました。

出発して給油したり、ちんたらしていましたがようやくヤンゴンに向けての出発です。


うれしいですよ、前に進んでる感覚って、うれしい。


ちなみにこのバスは日本の中古車なんですが
ミャンマーはほんとに日本の中古車だらけで、調べたら中古車の9割近くが
日本のものだとか。


普通に歩いてて厚木○○畳店
とかかいてある車がそこら中にあるんですね。
なんか安心します。



さてそれからやっと山にさしかかった



とおもったらめちゃめちゃ渋滞していたんです。
c0337541_17460720.jpg

なるほどこれは時間がかかりそうだな、と思いましたね。
もしかしたらヤンゴンにつくの22時とかになっちゃうんじゃないか。
なんて思ってました。



出発してから夕方すぎてもあたりは見渡す限りのジャングルで、いつになっても都市の片鱗すら見えません。
c0337541_17450551.jpg

さすがにこれやばくね、と思ってね。
運転手にきいたんですよ。
これヤンゴンにつくの何時くらいになりますかーって。
予定は17時着ですが出発5時間遅れてるし。


彼はにこにこしながら言いました。



うーん、3時くらいじゃない?^^



はっはっは、、、、、、、は?



いや笑ってる場合じゃねえだろw
遅延てレベルじゃねえぞと。


なんでも出発おくれたせいで渋滞入っちゃったから大幅に遅れているらしいのです。


予定が詰まってる人とかどうすんだろね。



あと原因は僕が大型バスに乗っちゃったことだとか。


チケットを買うときにワゴン車のほうが高かったんですよ。
バスの方が広いしなんでだろーと思っていたのですが走っていて気付いたのです。

すぐ横が崖、みたいな道をしばしば通るんですが
大型バスの場合急カーブを大幅に膨らんで曲がらなきゃいけないんですよね。
内輪差っていうのかな?

c0337541_17471607.jpg

でね、その膨らんでるときに


小さい車どもががんがん内側えぐってくるわけですよ。


いやコーナーで攻めてくるなよっ!

リレーだったらそれ失格だからね?


そう、ワゴン車の方が小回りが利くから早く着くというわけです。





いろいろ発見があって面白いですね。


それから休憩所でお腹いっぱいご飯を食べて
ヤンゴンに予定通り(?)3時に着きました。


そして宿もこの時間はあいてないので
とりあえず犬がこなそうなところで野宿。

めしがうまい。

ただそれだけでこんだけ寛容になれるって


僕は単純ですね。


つづく。


じんたろ拝


コンクリに犬の足跡つきすぎだろwww
一周回って某フェティシズムワールドの道路みたいだ、、、

c0337541_17563270.jpg


久しぶりにブログ書いたのでランキング落ちちゃいましたね。
おもしろかったら下のバナークリックお願いします。


一人旅 ブログランキングへ



[PR]
by hityuzi | 2014-11-20 17:57